葬儀の知識を身につけよう~現代メモリアル豆知識~

女性

少人数で行なう

お花

直葬は、少人数で行う葬儀ではありません。直葬というのは、亡くなった後にお通夜や告別式などの儀式を行わずに、そのまま火葬するのが直葬です。直葬を希望する人は、高齢者の方が非常に多いのが特徴的です。

View Detail

アットホームになる

数珠

それまで盛大に行っていたお葬式ですが、段々と参加する人数が減って行き、現在では家族しか参加しないお葬式も珍しくありません。この方がアットホームにお葬式を行えますし、バタバタせずにゆっくり出来るというメリットがあります。

View Detail

最後の写真は遺影

香典

葬儀の場に必要なのは、棺と祭壇、それから遺影です。葬儀が行われる会場の正面には、花で飾り立てられた祭壇があり、その下では棺が横たえられています。遺影には様々な写真が使われているでしょう。

View Detail

現代のスタイル

お墓

時代は変化している

昔の認識では、お葬式は盛大に行うというのが常識でした。ですから、多くの参列者に集まってもらい盛大に天国へ送り出すのがお葬式の役目と思われていました。しかし、2000年以降は派手に葬儀を行うよりも、こじんまりとした葬儀を行う事が増えたと言われています。

お葬式はシンプルに

最近では直葬のシンプルさが受けており、費用も通常の葬儀の半分以下になる事もあり注目を浴びています。亡くなった後も遺族に迷惑を掛けたくないという場合に、生前から直葬を希望する人も居る程です。実際に人が亡くなって葬儀を行うとなると、多くの人数とお金と時間が必要になります。これは遺族にとって大きな負担となってしまうので、残された遺族の事を考えて直葬を選ぶ方も決して少なくありません。最近では、直葬もそれほど悪い印象を持っている人は少なくなって居ます。特にここ数年で葬儀の形は非常に変化しており、お金を掛けて盛大な葬儀を行う事だけが葬儀の形ではないという事です。最後くらいは盛大に見送りたいという気持ちも分かりますが、故人からしてみると家族だけに見送って欲しいと思っているかもしれません。実際、大人数が参加するお葬式になると相当な苦労が待っています。参列者には一人一人挨拶をしなければなりませんし、参列者への食事なども全てこちらで負担しなければなりません。そうなってくると、お葬式を一回開くだけでとんでもない金額の出費が待っています。その無駄とも言える出費を抑える事で、経済的にお葬式を行える直葬が今の時代にあったお葬式と言えるのではないでしょうか。