葬儀の知識を身につけよう~現代メモリアル豆知識~

葬儀会場

アットホームになる

数珠

シンプルに行なう

通常の規模のお葬式を行っていたら、参列者への対応に追われてしまいロクに最後の挨拶も出来ないまま分かれてしまう事もあります。ですから、そういう意味では家族葬や直葬・火葬式が流行ってしまうのも理由が分かってしまいます。純粋に費用が安いからという事ではなく、他人の世話に追われてしまい本来の目的である故人とのお別れをロクに出来ない場合があるからなのです。

費用について

直葬は安さだけが魅力ではありませんが、やはり魅力の中の一つである事は事実だと思います。一般的な葬儀に掛かる相場を考えると、200~300万円は必要になります。この金額を急に用意するとなると、かなりの負担になってしまう事もあるはずです。その点直葬の場合は、約10分の1ほどの金額で済ませる事が出来ます。これなら、遺族に経済的な負担を背負わせる事はありませんし、参列者の対応に追われる事もありません。昔のように盛大に行うお葬式が、決して悪い訳ではありません。ただ、今の時代には盛大にお葬式を行う程の体力を持っている人が少ない事が事実なのです。この体力というのは、経済的な意味を含めての事です。盛大なお葬式は、何よりも準備する遺族の大変さが浮き彫りになってしまう儀式だと思います。結局は、周りの参列者への対応に振り回されてしまって、最後のお別れもロクに出来ない事がほとんどです。そんなお葬式を大金を使って行うよりも、小規模でもいいから心の篭った葬儀の方が故人もきっと喜ぶはずです。