葬儀の知識を身につけよう~現代メモリアル豆知識~

葬儀会場

少人数で行なう

お花

勘違いしやすい事

この場合は、病院で亡くなった後に自宅へ連れて帰っても行けません。一度自宅に連れて帰ってしまうと、それはもう直葬ではなくなってしまうからです。ですから、亡くなった後に自宅ではなく、斎場や火葬場に遺体を安置してもらい、火葬する手続きを行うのです。この火葬は、時間通りに行われるので少しでも遅れてしまうと、待ってくれる事はありません。ですから、火葬の時間は必ず決められた時間に訪れなければいけません。家族や極小数の人数で集まって葬儀する事は、家族葬と呼ばれており、現在の主流になっています。こちらは、お通夜と告別式は行いますが、参加する人数が極端に少ないだけで、お通夜と告別式を省略する事はありません。ちなみに、病院で亡くなった遺体を自宅に戻す場合は、火葬式という名前で呼ばれる式を行います。

火葬までの段取り

直葬は、知り合いや友達がほとんど居ないので、参列してくれる人が少ないという事で、あえて直葬を選ぶという高齢者が非常に多かったのです。しかし最近では、費用や参列者の人数の問題よりも、体力的や精神的に負担が少なくなるという事の方が割り合いが大きくなっています。直葬を選んだ場合、亡くなって次の日には火葬が行える可能性があります。これは、火葬場のスケジュールに関係しているので2日後になる場合もあります。この場合、火葬場に遺体を安置していると、1日単位で料金が発生してしまいます。ですから、すぐに火葬出来ない場合は一度自宅に連れて帰って、火葬式にしてみるのもいいかも知れません。もしも、亡くなる日が予測出来る場合は前持って火葬場に予約を入れておく事で、すぐ火葬する事が出来るかもしれません。余程のスケジュールに狂いが無い限りは、事前に予約した事が優先されると思うので、前以て火葬場に予約を入れておく事も大切です。